cancun days

ririmx.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 15日

帝王切開のその後。



息子を帝王切開で産んだのは1年と2ヶ月前。



最近ときどき急に傷がうずく。
前にもときどきあったけど最近また。




寒かったら古傷が痛む、みたいな感じでありそうだけど、
ここは寒くないしなー。




帝王切開の傷ってみんなどうなってるんだろう。


私は1年ちょっとたった今でも消えることなく蚯蚓腫れのようにはっきりくっきり残ってる。
これって消えるものかしら?私のはこれ消えないだろうなー。
怪我をして縫ったあとも消える消えないは体質によると言ったりするよね?





急に傷が痛んだときオットに「うぅ!痛い!痛い!ハサミでも残ってるかも!」と唸ったら「エネケンで縫われたからじゃない?」と冗談言われたけど冗談じゃないわよ!エネケンとはメキシコの切れない頑丈な繊維のこと。





産後の話になって、産後といえば帝王切開じゃなかったひとりめの娘が生まれた後のほうが辛かったという話になった。



前にも書いたことがあるけど、ザクザク切れたであろう傷をザクザク縫われてそれは当然の処置なのだけど、そのあと数ヶ月間、特に立ってると吐き気や眩暈がするほど痛さに苦しんでけどみんな傷は痛いとか聞くので「みんなそんななの?!」と思って我慢してたけど、耐えられなくてオットに見てもらったら溶けるはずの糸が中途半端に溶け残って(ずいぶん残ってて)、グルグル縫われた肉片をしめつけ、先端は固まった糸が韓国の爪楊枝みたいに生傷を刺してた。そりゃ痛いわ!!!





という思い出はなしになった。






いやぁ、出産の度にオットには介護してもらってありがたやです。

病院でも自分で立てない私を支えてシャワー入れてくれたし、帝王切開後で尿管のチューブ外されたあとは尿瓶かえてくれたし、オムツ(悪露)もかえてくれたし、点滴がからっぽになって空気が入りそうになってるのを見つけて止めてくれたり、助産婦?!看護師?!かってくらいに!!
(最初のお産は翌日退院、二人のは2泊)


てか、看護師さんはどこ?笑


夜は看護師さんにベビーを戻されるので面倒もオットが見てくれてました。



かれがおじいさんになって介護が必要になったときはこの日のことを思い出して尽くそう。






って話はそれましたが、

帝王切開で生んだかた、
その後の傷ってどうなってますか?


傷は消えました?
ときどきうずいたりしますか??
[PR]

by ririmx | 2013-01-15 01:48 | メキシコ 妊娠


<< 閉鎖的な生活。      倍増カレー。 >>